hor.note

I hope so.

UXシンポジウム2016 福岡 に参加した

f:id:Horaotoko:20160704123754p:plain

先週末にUX Fukuokaさん主催の「UXシンポジウム2016 福岡」に参加してきました。あとはじめて九産大に行った。内容的にはセッションでもラーニングバーでもインプットの量が多くてとても満足できました。

uxsymposium2016.peatix.com

セッションについて

浅野さんのセッションでは、サービスデザインとはどういうものか、またそれを行うためにどういった視点やアプローチが必要かということについて解説する内容でした。僕は事前にある程度サービスデザインやHCDについての情報を頭のなかに入れた状態で拝聴していたのですが、解説していただいたことで整理されてよりクリアに理解できました。いろいろメモ取ってあるのでアウトプットにどんどん活かしていきたい。

解説のなかにはHCDやUXDの基礎的な知識だけでなく、時代背景やビジネス的な視点も取り入れられていて、サービスデザインを中心に多くのことについて学べました。普段ブログ記事を追っているかたなので、実際にお会いできて嬉しかったですし、時間の都合でお聞きできなかった部分については自分で調べつつ、機会があれば詳細な講義を受けたいなと思いました。

倉光さんのセッションでは、クックパッドで実際に取り組んでいるUXDのアプローチについて紹介する内容でした。毎回感心するのですが、クックパッドさんのデザインは言語化力がすごくて、サービス利用者の方々についてしっかりと図にしたり文章にしたりして人に説明することがちゃんとできていて、ほんと見習わなくてはいけないな...と思います。

個人的には普段チームで実践されているサービス改善についての手法について興味があったのですが、そもそも根本的にデザインに向き合うマインドに関しても「ほんとその通りです...」という感じでした。ちょっと背筋が伸びました。もちろん、紹介いただいた実践的な手法についても積極的に取り入れていきたいです。

ラーニングバーについて

セッションのあとに、参加者同士が気軽に対話をしながら学ぶ「ラーニングバー」というものに参加しました。チームごとにゆるくディスカッションをして、最後にはプレゼンをして、お二方から意見をいただくといった形式でした。これもおもしろかった。

参加者自らが議題を提案し、その議題ごとにいくつかチームが分かれます。僕も提案して「オーナー」という役割で司会と発表までやってきました。「サービスデザインやHCDについて知らない人と一緒にプロジェクトや議論をうまく進めるにはどうしたらよいだろうか?」という議題でした。

議題設定からいろんな意見を聞き、アイデアをまとめて発表までするのだから、これ多分オーナーが一番学びが多かったんじゃないかと思います。なので、もしラーニングバーに参加されるかたがいらっしゃったら、積極的にオーナーに立候補するとよいと思います。新しい学びの場を知れたことも対話の内容も興味深く充実した時間でした。

ラーニングバーについて詳しく知りたい方はこちらの本が参考になるそうです。

という感じで、6時間くらいのイベントだったのですが、間延びもせず非常に濃い内容でした。またぜひとも参加させていただきたいです。気になる方はTwitter#uxsyf でログ追ってみるとよいと思います。