読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hor.note

I hope so.

UIデザインの教科書 マルチデバイス時代のサイト設計-アーキテクチャからUXまで を読んだ

最近デザイナー同士でUIのレビューを行ったり、デザイナー以外の人にUIについての説明をする機会がグンと増えました。なので、今まで経験則やイメージで説明していたような、デザインの理由付けの部分についてしっかりと理論的に語れることができるようになりたいと思って購入。

マルチデバイスというところで事例が載っているのは、他の書籍や記事に比べると少ないのでよかった。それぞれの名称なんかもちゃんと書いてあるので、この言い回しを使ってコミュニケーションを取り合えるようになると便利そう。「このバーっと出てくるやつ」ではなく「インクリメンタルスクロール」の方がお互いのイメージが噛み合う。

また内容に関して言うと、技術書というよりもリファレンス的な感じなのかなあと思いました。これまでUIデザインに関わってきた人たちにとっては教科書よりも辞書的な使い方のイメージになるのかなと。

これまでのレビューで、「使いづらい」「見にくい」「わかりづらい」と言った言葉を中心にレビューしてきた人たちにはオススメだし、これからUIデザインについて学ぶ人にとっては、まず言葉がわからないと学びづらいと思うので、先にこの本で「これはなんていうものだろう?」ということについて理解しておくとよい。個人的にはお気に入りの本でした。