hor.note

I hope so.

24歳男性だけど格闘技を習い始めてみた

三日坊主を克服したのでもう書いてもいいかなと思った。

僕が格闘技をはじめた理由はだいたい100個くらいあって、ひとつめは24歳となると、こうだんだんと世間に潜む闇に気がついたり、身体の不調を感じていったり、将来的な不安みたいなものを抱えていったりしてくる。

なのでそれを払拭すべく、なにか環境を変えなければと思い格闘技を習い始めた。(まだ初心者なので基礎トレーニングや基礎テクニックがメインだけど)

しかしこれがなかなかよく、いままでとは想像もつかなかった新しい環境に飛び入ることで、従来の環境にも影響を及ぼし始めた。例えば食事の内容や生活サイクルが改善していったことであったり、メンタルの部分でもちょっと男らしくなれたり、体型の変化だったり、タバコをやめたり、とりあえずこれまで僕が付き合ってきたものたちに大きく干渉しはじめている。

正直24歳でもなにかまったく新しいことを始めるのはそれなりに勇気がいる。だって自分よりも年下で自分よりもできるひとがうじゃうじゃいるので。もしかしたら自分なりには頑張っていてもどこかで笑われているかも知れない。いまからやったって対して上手になれないでしょ?専業の人よりも時間取れないし身体も昔よりもう動かなくて...。

とかいろいろ推測してはみたが、いざ実際にやってみると事実は異なる。やってよかった。たまに「私はもう年寄りだからそんなことできないな〜」というニュアンスで「若いね!」と言ってくる人がいるが、そういう人って事実よりも推測の方を重視するタイプなのかな、とミドルキックの練習をしているときに思ったのでした。