読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hor.note

I hope so.

今週の振り返り 「ユーザーファースト?」

今週はユーザビリティテストを行ったり、Think User Firstという勉強会に参加したりと、「ユーザーファーストを実現するために何かをする」ということについて触れる機会が多い週だった。もちろん、僕はデザイナーとして「それがユーザーのためになるか」という観点からいろいろな施策をしているつもりだし、デザイナーであればそれは当たり前のことだと思う。

勉強会での会話の中で、とても印象的だった言葉がある。 「ユーザーファースト、ユーザーファーストと言いながらも、実際のところユーザーのことを知るための行動をしてなかった」みたいな内容だったと思う。それは数値の調査・分析であったり、ユーザーテストやアンケートであったりという手法のことだった。

1年前の新卒研修を受けているときに、僕もまったく同じ悩みがあった。自分自身が「ユーザーにとってはこれが正しいです!」というのを誰かに伝えるにしても、誰かから同じようなこと言われるときであっても、その根拠がすごく曖昧なものに見えた。思い込みと数字がヒト型になって出てきたようだった。

なんかよくわからないけどすばやくブツをリリースしなければいけなくて、「ちょっと待って!」という思いもどこか遠くに追いやられてしまって、理解しきれないまま手を動かしていた。どうにかして自分が安心できる根拠がほしかった。PVがどうとか売り上げがどうとかの話ではなく、いま考えている「ユーザー」はほんとうに存在するんだろうか?ということのほうをまず明確に定義すべきだと思った。

幸いなことに、いまはそれを調べるための機会をつくることができているし、それなりの根拠を提示することができるようにもなってきた。目指しているゴールまで到達するには、先はかなり遠そうだが、いろいろな楽しそうなツールが転がっているし、同時にやらなくてはならないこともいっぱいある。しかし僕が理想だと思う世界はそこにある。とてもワクワクする。