hor.note

I hope so.

用賀に引っ越してきた

今日は引っ越しだった。下町の南千住から、高級住宅街とか言われている用賀に移った。ついにひとり暮らし時代が幕を開ける。

なぜひとり暮らしを始めることになったのかというと、社内のプレゼン大会で優勝したからだ。漠然と「賞金をゲットしたらひとり暮らしでもしてやろう」と思っていたら、本当に優勝賞金を手に入れてしまった。 ということで用賀にいる。半分くらいはノリだった。

生まれてから23年間もの間、ずーっと荒川区に住んでいた。実家のある地域は、ほんのちょっとだけグレた中学生たちが、夜中にサイゼリアあたりでうろついているくらいの平和なところだ。パチンコ屋からヤニ臭いオヤジが出てきたり、いたるところで八百屋が客を呼び込んでいたりするような、そんな景色を日常的に見て過ごしてきた。

しかし今日からは、また別の景色を見続けることになる。やけに高級車がビュンビュンと行き交っていて、大きな公園には青い芝生が生い茂っている。景色だけじゃなくてにおいも音も味も違う。なんだかソワソワする。

新しい日常がはじまった。