読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hor.note

I hope so.

ブログお遍路参り終了しました!

30日間ブログを更新し続ける、「ブログお遍路参り」が終了しました!やったね!

まあ30日間毎日ひとつずつはちょっと無理だったのですが、その代わり1日数回更新して、このポストで30記事達成します。ということで投稿した記事の一覧はこちら。

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

horaotoko.hatenablog.jp

最初の方は意識高いこと言ってますけど、途中からなんか適当になってきましたね!けどこの適当さが続ける秘訣でもあるということを学んだので、毎日やる習慣にはある程度力の抜け加減も必要なのかもしれないということを学びました。

もともと30日間続けることで習慣化させるチャレンジだったので、今後ともブログは更新していきたいし、なんか続けていけそうな感じがしているので、今後ともよろしくお願いします。

UIデザインの教科書 マルチデバイス時代のサイト設計-アーキテクチャからUXまで を読んだ

最近デザイナー同士でUIのレビューを行ったり、デザイナー以外の人にUIについての説明をする機会がグンと増えました。なので、今まで経験則やイメージで説明していたような、デザインの理由付けの部分についてしっかりと理論的に語れることができるようになりたいと思って購入。

マルチデバイスというところで事例が載っているのは、他の書籍や記事に比べると少ないのでよかった。それぞれの名称なんかもちゃんと書いてあるので、この言い回しを使ってコミュニケーションを取り合えるようになると便利そう。「このバーっと出てくるやつ」ではなく「インクリメンタルスクロール」の方がお互いのイメージが噛み合う。

また内容に関して言うと、技術書というよりもリファレンス的な感じなのかなあと思いました。これまでUIデザインに関わってきた人たちにとっては教科書よりも辞書的な使い方のイメージになるのかなと。

これまでのレビューで、「使いづらい」「見にくい」「わかりづらい」と言った言葉を中心にレビューしてきた人たちにはオススメだし、これからUIデザインについて学ぶ人にとっては、まず言葉がわからないと学びづらいと思うので、先にこの本で「これはなんていうものだろう?」ということについて理解しておくとよい。個人的にはお気に入りの本でした。

チリチリに行きたい

f:id:Horaotoko:20160430213259j:plain

みなさんはもちろんカレー好きですよね。僕はなによりもチリチリのチキンマサラ大盛りトマトトッピングを愛しているのですが、福岡に越してきてから3ヶ月間食べていないんですよ。あっチリチリは東京の渋谷にあるお店なんですけど、それは置いておいて3ヶ月もチリチリに行っていないという状況がそもそも初なわけです。2〜3週間行ってないだけで「わーめちゃくちゃ久しぶりだわ」ってなるくらい行ってないんだから、3ヶ月とか単位間違えてるくらいで行ってないんですよ。それ考えたらめちゃくちゃ辛くなってきてしまって、昨日いつものメンバーでチリチリに行った夢を見てしまったんですね。店に入る前に「今日トッピングどうしようかな〜」とか言ってるんですよ。でも起きるとトッピングどころか店もない。そうですここは福岡なんです。その時の絶望感わかりますか?膝から崩れ落ちましたよ。

まあ、何が言いたいかっていうとチリチリに行きたい。

tabelog.com

僕のなかで邦シューゲイザーが再燃した!

最近なんかを聞いててスイッチが入っちゃったので、ぜひ他の人に聞いてもらうためにも書いておく。有名どころとかどうでもいいので勝手に調べて聴いて!


Wallflower - Filled With Flowers (Full EP HQ)


Pasteboard - Glitter (Full Album HQ)


Broken Little Sister - Memories, Violet & Demons (Full Album HQ)


Oeil - Urban Twilight EP (Full Album HQ)


POLA - Songs From Saturn Valley EP (Full HQ)

最高!!!!!!!!!

多肉植物ズに小人の祭りが仲間入りしました

さらに新しいメンバーを紹介するぜ!

f:id:Horaotoko:20160430164947j:plain

小人の祭り、というアエオニウム属の子をメンバーに迎えました。出身はカナリア諸島です(どこ?)し、パセリがレベルアップして進化したみたいな見た目で気に入ってます。こちらも500円ほどで購入。

前回買った福娘と同じく春秋生育タイプ。これから夏になるので、この子たちは梅雨明けぐらいには涼しいところに避難させる必要がありますね。まあ夏型の多肉たちが出現してくるので楽しみ。

horaotoko.hatenablog.jp

という感じで順調に増えてます。

福岡に来て3ヶ月が経った

1月末から移住してちょうど四半期が終わろうとしています。3ヶ月も住むといろいろとわかってきて、良いところと悪いところがわかってくる。現状良いところの方が多いんですが、今回は悪いところについても書きたい。

良いところといえば、東京のときよりもお金に余裕があるんです。なんでかなーと思ってたのですが、おそらく交通費と食費の差がでかい。

交通費に関して言うと、そもそも電車にほぼ乗らない。これは定期使って〜とは別で、遊びに行ったりするときに交通費を出す必要がそんなない。なぜなら必要なものが近くにあるので、遠出をする必要がないから。また東京で終電を乗り過ごしたときは5000円くらいかけてタクシーで帰っていたのだけど、そもそも終電という概念がないし、遠くで飲んだりしないのでタクシー代が安い。

食費は言わずもがな、ランチチケットの数が増えたこと、そして東京と比べてランチ費用を抑えられていることが要因だと思います。この前ふらっと入った定食屋さんで、600円くらいで刺身と煮魚とその他3品1汁くらいある定食食べられたので、「This is Fukuoka...」と思った。ラーメンも異常に安いし、食費に関してはまったくいうことがない。

悪いところだと、やはり東京と比較してデザインに関する勉強会が少ないことは気になります。福岡に来てから仕事の内容が変わり、俄然その分野に対して勉強する必要性があるのに、調べてみても自分のニーズを満たしてくれるような勉強会がないことが悩み。初心者向け勉強会の比率が多いのかなーという感じ。

デザイナーコミュニティもそこまで活発ではないので、受動的に情報が入って来づらい。自発的に本を読んだり最新情報を追ったりしないと完全に時代遅れの人になってしまう。東京にいたときよりもその点については意識して動かないといけないな〜。

というところが、福岡来てからそれぞれ一番印象に残っている部分なのですが、まあなんとか生きてるし、悪いところはカバーできる範疇なので問題なさそう。だからみんなはやく移住してきて。よろしく。

新卒向け説明会に乱入してみた

本日はペパボ福岡オフィスでエンジニア・総合職志望の方向けの説明会がありました。デザイナー、とは書いてないのですが毎回デザイナー志望の方が参加されるということなので、アサインされてないのに「僕を呼んでくれ!」と言って乱入しました。帰り際のフリートークの時間に何名かとお話ししました。

社会人になってはじめて就活でデザイナー志望の方とお話ししたのですが、わー僕も当時同じ悩みあったなーというのを思い出しました。僕は美大や芸大出身ではないし、デザインというものに触れたのも大学からだったので作品数もツールを使う経験も少なかったし、とにかく圧倒的に自信がなかったことを覚えています。

採用に関わったことがないのでなんとも言えませんが、小手先の技術やバックグラウンドを心配するよりもまず「デザインが好き!」という強い気持ちを持っておくと、それに合わせてアウトプットできるので楽だなあ、ということを自分が就活してるときに思いました。

いきなり好きになるというのは難しいので、デザインに関する本や記事を読んでみたりして、まずお互いに理解し合うというところからスタートしてみるとよさそうということをお伝えし忘れたので、いまここに書いておきます。みなさんのことをとってもとっても応援しています。